ブログトップ | ログイン

野鳥たちとの遭遇

oh3818.exblog.jp

遭遇した野鳥たちの様々な生態を軌跡として撮る。 The photoed wild bird is all exhibited.

<   2018年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧

2月28日 27日で北海道 流氷ツアーでのアップは終了。
  MFでレンジャクの飛来で連日100人を超えるCMで賑わいを見せているなかノスリと出遭う。
レンジャクの飛来処からCMの姿がない離れた処で,近距離にノスリが静かに獲物を狙っていた。
飛び出しを伺いながら,近い距離で連写でき、運良く飛び出しもバッチリ撮ることもできた。
ノスリ8態をアップ。
b0227680_20094477.jpg
b0227680_20100679.jpg

   ダイナミックな飛び出しのノスリ
b0227680_20101490.jpg
b0227680_20102312.jpg
b0227680_20221661.jpg
b0227680_20103061.jpg
b0227680_20104083.jpg
b0227680_20342393.jpg




鳥写真ブログランキングへ
上のランキングマークをマウスでのチェックをお願い致します。


by oh3818 | 2018-02-28 00:00 | Comments(0)
2月27日 流氷ツアーの4回目は吹雪く流氷で初見のカワアイサに出遭う。
 全北区に分布する。ユーラシア大陸中北部と北アメリカ北部で繁殖し、冬季はヨーロッパ、中央アジア、インド東部、中国東部、朝鮮半島、北アメリカ中部などに渡り越冬する。日本へは冬鳥として九州以北に渡来するが、北日本の方が渡来数が多い。北海道では留鳥として少数が繁殖している。
カモ類の中では、最も細長く見える種の一つ。全長はオスで概ね68cm程度。メスはオスよりかなり小さく平均値は60cm程度。オスは、頭部が緑色光沢のある黒色で、冠羽はないが後頭部がふくらんで見える。頸から脇・胸及び下面と背や小雨覆・三列風切等は白い。背の上面は黒い。メスは頭部が茶褐色で、冠羽は短い。胸から体の下面は白色で、背からの体の上面は灰褐色である。雌雄とも嘴と足は赤い。(ウィキペディア百科事典より)

   吹雪く流氷の中を元気よく泳ぎ飛翔するカワアイサ10態をアップ。
b0227680_17050638.jpg
b0227680_17051775.jpg
b0227680_17052678.jpg
b0227680_17053724.jpg

  カワアイサ・オスの飛翔
b0227680_17054509.jpg
b0227680_17055298.jpg
b0227680_17060043.jpg
b0227680_17061150.jpg
b0227680_17061994.jpg
b0227680_17063033.jpg




鳥写真ブログランキングへ
上のランキングマークをマウスでのチェックをお願い致します。


by oh3818 | 2018-02-27 00:01 | Comments(0)
2月26日 漂流ツアーの3回目は旭山動物園でのシマフクロウシロフクロウ
 動物園という環境の中でシマフクロウとシロフクロウが雪が降る中で自然帯に近い状態で撮ることができた。
  シマフクロウ-6態 
b0227680_19075484.jpg
b0227680_19375271.jpg
b0227680_20134157.jpg
b0227680_19520043.jpg
b0227680_19083847.jpg
b0227680_19085988.jpg

  シロフクロウー4態
b0227680_19163844.jpg
b0227680_19164673.jpg
b0227680_19170484.jpg
b0227680_19171139.jpg




鳥写真ブログランキングへ
上のランキングマークをマウスでのチェックをお願い致します。


by oh3818 | 2018-02-26 00:01 | Comments(0)
2月25日 引き続き流氷ツアーで撮ったシノリガモ。シノリガモ10態をアップ。
 アイスランド、グリーンランド、ニューファンドランド島、ラブラドル半島で繁殖し、冬季になると北アメリカ大陸沿岸部で越冬する個体群と、アラスカからカリフォルニア湾、シベリア東部からカムチャッカ半島などで繁殖し、冬季になると東アジア沿岸部で越冬する個体群がいる。 日本では冬季になると北海道や東北地方の沿岸部に飛来。全長38-46センチ、翼長20-21センチ、メス19-19.7センチ、翼開張63-69センチ。体重0.5-0.8キログラム。眼先や耳孔を被う羽毛に白い斑紋がある。虹彩は褐色で嘴は小型で青灰色。後肢は青黒色や暗灰色。
吹雪の流氷のなかでシノリガモ
b0227680_07194775.jpg
b0227680_16121658.jpg
b0227680_16122428.jpg
b0227680_16124170.jpg
b0227680_16125019.jpg
b0227680_16125878.jpg
b0227680_16130721.jpg
b0227680_16131563.jpg
b0227680_16133109.jpg
b0227680_16134024.jpg





鳥写真ブログランキングへ
上のランキングマークをマウスでのチェックをお願い致します。


by oh3818 | 2018-02-25 00:01 | Comments(0)
2月24日 20日から2泊3日のオホーツク流氷ツアーでオオワシオジロワシ等を撮る。
 鳥撮りが目的ではなく北海道 道東・知床と流氷観光ツアーに参加。
だが運良くオオワシ、オジロワシ、シノリガモ、ホオジロガモ、カワアイサ、オオセグロカモメ、オオハクチョウと(シマフクロウ、シロフクロウは旭山動物園)に遭遇撮ることができた。
オオワシは流氷砕氷船「おーろら」から撮る。初撮りのオオワシとオジロワシの12態をアップ。
   大流氷の中でのオオワシ幼鳥
b0227680_15315681.jpg
b0227680_15320526.jpg
b0227680_15321366.jpg
b0227680_15322207.jpg
b0227680_15323378.jpg
b0227680_15324329.jpg
b0227680_15325218.jpg
b0227680_15330026.jpg
b0227680_15334225.jpg

   オジロワシの飛翔
b0227680_15330817.jpg
b0227680_15331898.jpg
b0227680_15332642.jpg





鳥写真ブログランキングへ
上のランキングマークをマウスでのチェックをお願い致します。


by oh3818 | 2018-02-24 00:01 | Comments(0)
2月20日 19日は昨日の続きレンジャク撮りへ。
 今日はキレンジャクが数羽が飛来してきた。なかなか良い場所に飛来せずに遠くて高い処に止まってしまう。
近くに来るのを辛抱ず良く待つしかない。午後2時過ぎになったヤブランの実の群生近くの木に舞い降りってきてので撮る。キレンジャク10態をアップ。
b0227680_23040763.jpg
b0227680_23041558.jpg
b0227680_23043319.jpg
b0227680_23083097.jpg
b0227680_23045979.jpg
b0227680_23114358.jpg
b0227680_23115022.jpg
b0227680_23050572.jpg
b0227680_23223755.jpg
b0227680_23051403.jpg





鳥写真ブログランキングへ
上のランキングマークをマウスでのチェックをお願い致します。


by oh3818 | 2018-02-20 00:01 | Comments(0)
2月19日 18日鳥友よりレンジャクが飛来したとの連絡を受けその処へ。
 ヒレンジャク数羽とキレンジャク一羽が確認でき、早速今季初のレンジャク撮りとなった。
多くのCMが待機し大いに盛り上がりを見せていた。愈々春を告げるレンジャクシリーズが始まる。
まず近距離でのヤブランの黒い実を啄ばむヒレンジャク10態をアップ。
b0227680_23322884.jpg
b0227680_23324192.jpg
b0227680_23324926.jpg
b0227680_23330249.jpg
b0227680_23331236.jpg
b0227680_23332008.jpg
b0227680_23332986.jpg
b0227680_23334132.jpg
b0227680_23335088.jpg
b0227680_23335855.jpg





鳥写真ブログランキングへ
上のランキングマークをマウスでのチェックをお願い致します。



by oh3818 | 2018-02-19 00:01 | Comments(0)
2月18日 17日午前中にオオジュリン撮りに河川堤へ。
 オオジュリンに混じってカシラダカとスズメの大群がカヤに飛来してくる。
午後1時過ぎになって風が強まってきて、パッタリとオオジュリンの姿がカヤから見えなくなったので撤退帰還。
カヤの茎上に止まるオオジュリン10態をアップ。
b0227680_21123275.jpg
b0227680_21123970.jpg
b0227680_21124672.jpg
b0227680_21125218.jpg
b0227680_21125955.jpg
b0227680_21130609.jpg
b0227680_21132002.jpg
b0227680_21133088.jpg
b0227680_21133750.jpg
b0227680_21134583.jpg





鳥写真ブログランキングへ
上のランキングマークをマウスでのチェックをお願い致します。


by oh3818 | 2018-02-18 00:01 | Comments(0)
2月17日 16日久し振りにMFでミヤマホオジロがまだ滞在していたので撮る。
 ミヤマホオジロ、カシラダカ、ミソサザイ、ジョウビタキが入れ替わりで飛来してくる。
だが長居はしなくて飛び去ってまた戻ってくる。この処からそろそろ姿が見られなくなりそうだ。
それまで魅力的なショットを撮ってみる。ミヤマホオジロ10態をアップ。
  ミヤマホオジロのオス
b0227680_20530760.jpg
b0227680_20531491.jpg

  ミヤマホオジロのメス
b0227680_20532355.jpg
b0227680_20533409.jpg
b0227680_20534186.jpg

   ミヤマホオジロのメス
b0227680_20535280.jpg
b0227680_20540030.jpg
b0227680_20540803.jpg
b0227680_20541885.jpg
b0227680_20542784.jpg





鳥写真ブログランキングへ
上のランキングマークをクリックして頂ければこれからの励みにします。


by oh3818 | 2018-02-17 00:01 | Comments(0)
2月15日 久し振りにMFでカワセミに遭遇。
 冬季のカワセミは落ち着きがなく、すぐに飛び去ってしまうのでピント合せが容易でない。
シャッターを1/400でF8とISO640で撮る。カワセミ10態をアップ。
b0227680_19125542.jpg
b0227680_19130409.jpg
b0227680_19131404.jpg
b0227680_19132398.jpg
b0227680_19133180.jpg
b0227680_19445692.jpg
b0227680_19503316.jpg
b0227680_19135588.jpg
b0227680_19140256.jpg
b0227680_19141006.jpg






鳥写真ブログランキングへ
上のランキングマークをクリックして頂ければこれからの励みにします。


by oh3818 | 2018-02-15 00:01 | Comments(0)