ブログトップ | ログイン

野鳥たちとの遭遇

oh3818.exblog.jp

遭遇した野鳥たちの様々な生態を軌跡として撮る。 The photoed wild bird is all exhibited.

<   2013年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

7月23日 炎天下に電動自転車で涼しさを求めて、先日のT公園に蓮とカワセミのコラボを撮りに出かけた。
12時半過ぎに現地到着。涼しさを実感。TA氏とT氏に出会うが両人ともすぐに帰還。待つこと2時間
ついに蓮にカワセミが飛来してきた。しばらくの間ひとり舞台で撮り放題となった。そのあと2人のカメラマンが加わった。カワセミは頻繁に蓮の間を飛び交ってくれた。
4時付近で雷が鳴り出し、雲行きが怪しくなってきたので終了し帰還。収穫の多い半日であった。
蓮とカワセミのコラボをアップ。
b0227680_22581231.jpg
b0227680_22531997.jpg
b0227680_22533349.jpg
b0227680_2254470.jpg
b0227680_22542075.jpg
b0227680_22543416.jpg
b0227680_22545021.jpg

b0227680_23165.jpg

by oh3818 | 2013-07-23 23:03 | Comments(0)
7月22日 午後から電動自転車でT公園にツミの雛を撮りに出かける。この公園は木々がうっそうとして
非常に涼しくノンビリとツミを撮ることができる。 3羽の幼鳥は公園内を自由に飛びまっわて、戯れていた。
散歩する人も少なく、地上に降りてきて、水浴びや獲物を親鳥からもらってガツガツと食べている様子を
撮ることが出来た。途中にH氏から携帯が入り、近くにツミの雛が4羽いるとのことで移動し、H氏とともに
新ポイントでのツミ雛を撮り3時半に終了し帰還。
ツミの雛の戯れポーズ(動態)等をアップ。
b0227680_21595840.jpg
b0227680_2201143.jpg
b0227680_2202818.jpg
b0227680_2204069.jpg
b0227680_2205141.jpg
b0227680_221353.jpg

b0227680_2232962.jpg

 新ポイントでのツミ雛
b0227680_2295447.jpg
b0227680_221174.jpg

by oh3818 | 2013-07-22 22:10 | Comments(0)
7月20日 昨日M氏からササゴイ情報の知らせをいただき、10時過ぎにR池公園に出かけた。
現地でM氏とT氏、F氏、TA氏、H夫妻に出会う。同地ではササゴイの雛4羽が巣立ち前の様子で、枝から枝へと飛び回っているのを狙い撮りすることができた。雛の産毛がうっすら生えている様子もとらえた。
だが忙しく飛び回っており、枝かぶりや葉かぶりの場面が多く撮るのにひと苦労した。
3時には終了して帰還。 親鳥と雛(頭部に産毛)をアップ。
 親ササゴイ 
b0227680_21121781.jpg
b0227680_21123579.jpg

 ササゴイ雛 1
b0227680_21131859.jpg

 ササゴイ雛 2
b0227680_21133217.jpg

 ササゴイ雛 3
b0227680_21134735.jpg

 ササゴイ雛 4
b0227680_21142994.jpg

 ササゴイ雛 5
b0227680_21144376.jpg

by oh3818 | 2013-07-20 21:27 | Comments(0)
7月15日 鳥友から情報が入り、昼過ぎから、K公園のツミの雛が水浴びを始めたとのことで、久しぶり出向いてみた。現場にはK氏、O氏、OK氏、C氏が待機中であった。 
1時間ほど待っていると、突然、雛のツミ1羽がムクドリ3羽を追いかけ、その1羽を捕らえて水浴び場のなかに引き入れて、バトルをはじめた。鋭い爪でムクドリを押さえつけて溺れさせ獲物にする光景(ハンティング)を始めて見て、撮ることが出来た。
約5分ほどであったが、カメラマン全員が追い撮りをした。その後は餌のムクドリを持って、公園内を飛び回って丸々一羽のムクドリを食べつくした。
鳥撮りをはじめて目前で獲物を捕らえて食べつくす光景をカメラに撮ったのは初めてで驚愕の経験であった。
ツミのハンター光景から一部をアップ。(かわいそうな場面を掲載することをお許しください)

b0227680_22254392.jpg
b0227680_22255442.jpg
b0227680_2226582.jpg
b0227680_22262011.jpg
b0227680_22264769.jpg
b0227680_22271329.jpg
b0227680_22272635.jpg
b0227680_22273783.jpg
b0227680_22274893.jpg

by oh3818 | 2013-07-15 22:36 | Comments(0)
7月13日 アカショウビン(赤翡翠): ブッポウソウ目 カワセミ科  夏鳥  時期:4月から10月
平地から山地の林、渓流、湖沼などで つがいで生活し、縄張りをつくる。 薄暗い林内で行動することが多い。
小動物の昆虫、カニ、カタツムリ、カエルなどを採食。 鳴き声は「キョロロ~キョロロ」と短い声で鳴く。
 ♂と♀はほぼ同色で識別は難しい。 2回目のアカショウビンをアップ。
80/1~125/1     F 5.6  (+1/3~-1 2/3)     ISO 1000~2000   400mm望遠
 三脚使用
  固体までの距離 50m~70mでピントあわせが難しい  満足度画像 20%
b0227680_1611288.jpg
b0227680_16113858.jpg
b0227680_16115724.jpg
b0227680_16121594.jpg
b0227680_16122926.jpg
b0227680_16124895.jpg

b0227680_16161324.jpg

by oh3818 | 2013-07-13 16:19 | Comments(0)
7月12日 F県へのアカショウビン撮りが実現した。T氏とTA氏とI氏の4人でTA氏所有の外車で7月10日から12日の2泊三日の遠征。10日午後民宿Mに到着。
アカショウビン撮り本番は11日の早朝5時から終日計画で実行。現地の案内達人H氏のもとで総勢14人のカメラマン一行となった。
アカショウビンポイントにはベースキャンプ並みのテントが張られ、アカショウビン撮りの万全(アカショウビン飛来対策)体制であった。待機途中には雨模様となったがテントの中でじっと待つこと6時間あまり。
ついにアカショウビンが飛来。一斉にシャッタが切られる。アカショウビンは悠然と餌となるカエルをねらって飛びまわる。約1時間半わたっての撮影実戦となった。
参加したカメラマン一同は大満足。同夜の報告会は大いに盛り上がった。
我が4人皆今回の遠征に満足し、次回の野鳥撮りの約束を誓い、12日4時に無事帰還。
2回に分けてアカショウビンをアップ。
b0227680_23221043.jpg
b0227680_23222290.jpg
b0227680_23223518.jpg
b0227680_23231280.jpg

b0227680_2341265.jpg
b0227680_23411852.jpg
b0227680_23414423.jpg

by oh3818 | 2013-07-12 23:42 | Comments(0)
7月8日 午前11時 T氏とともにT地にサンコウチョウの巣立ち後の様子を見に出かける。現地に着くとM夫妻が待機中。だが巣立ちした雛たちは見つけることが出来なかった。遠くで「ホイ・ホイ」と親の鳴き声が聞こえてくるが、確認できなかった。あきらめてアオバズク狙いでH神社に移動。すでに先着カメラマン3人がスタンバイ。朝方には雛が巣から垣間見えたらしい。木々の間にオス親を確認し撮る。1時間半後にメス親を確認。
オスとメス二匹を確認し約100ショットを撮る。成果は二匹のみであったが満足の中で終了し3時に帰還。
今季初のアオバズク七態をアップ。
 アオバズク オス
 125/1   F5.6(+2/3)   ISO 640 ~ 125/1 F6.3(+1)   ISO 640   400mm
b0227680_16231055.jpg
b0227680_16232694.jpg
b0227680_16233662.jpg

アオバズクのエンゼルポーズ
b0227680_16235886.jpg
b0227680_16243581.jpg

  アオバズク メス
b0227680_16244718.jpg
b0227680_16245686.jpg

by oh3818 | 2013-07-08 16:45 | Comments(0)
7月6日 2日ばかり鳥撮りはお休み。7月3日に立ち寄ったK公園のツミの成長した姿を身近に見て撮ったので地上に降りた雛や餌を食べているポーズをアップ。
b0227680_18531895.jpg
b0227680_18533765.jpg
b0227680_18535246.jpg
b0227680_185469.jpg
b0227680_18541668.jpg
b0227680_18543175.jpg
b0227680_18545333.jpg

by oh3818 | 2013-07-06 18:55 | Comments(0)
7月3日 予定していたOB会が会長の事故のため急遽中止となった。時間が出来たので昼過ぎからA地の
ササゴイ撮りに出かける。水量が増したので頻繁に飛来して来ると予想したが、なかなか出てこない。
カルガモが羽を広げて水浴びや羽づくろいをしている様子が被写体となって撮る。ササゴイは撮ったがあまり良いものが得られずあきらめ、ツミポイントに移動し雛4羽を撮る。そろそろこの公園から飛び去って行く日も近くなってきた予感もするので、収め撮りとする。
カルガモの飛翔をアップ。
b0227680_2034411.jpg
b0227680_20342194.jpg
b0227680_20343648.jpg
b0227680_20345475.jpg
b0227680_2035866.jpg
b0227680_20351865.jpg
b0227680_20352858.jpg

by oh3818 | 2013-07-03 20:36 | Comments(0)
7月2日 9時にT氏とともにT地のサンコウチョウポイントに出向く。10時近くに現地に到着。すでに6~7名のカメラマンがスタンバイ中。撮り易い場所に三脚セット。
巣には2羽の雛が親からの餌を首を長くして待つ光景が目に入る。オスとメスが交互にトンボ等のえさを運んできては雛の口に押し込んでいる。しばらくしてM氏、T氏、MA氏が加わる。午後2時を過ぎると頻繁に親が餌を運んでくる回数が増す。それによりシャッタチャンスが多くなってくる。時々「来るぞ!」の声がかかる。
一斉にシャッター音が続く。2時すぎには皆満足なショットが得られたようで引き上げ始めた。3時に終了し帰還。
サンコウチョウ雛と親のポーズの良いものをアップ。
b0227680_21345100.jpg
b0227680_21341973.jpg
b0227680_21343128.jpg
b0227680_21362095.jpg
b0227680_21363370.jpg

b0227680_21443794.jpg

b0227680_21451614.jpg

b0227680_215208.jpg

b0227680_21551972.jpg

by oh3818 | 2013-07-02 21:55 | Comments(0)